ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード: 古筆臨書用紙

古筆臨書用紙  小島切

  • NEW
販売価格(税込)
5,170~14,960
ポイント
51~149 Pt
関連カテゴリ:
古筆臨書用紙
清書・練習用
個数

在庫 あり

古筆

奈良時代から鎌倉時代にかけて書かれた優れた筆跡として残っている物です。


 


清書用臨書用紙
これら古筆のうち、主だった27種類を出来るだけ原本に近い形で作成した料紙。


原紙は本鳥の子・雁皮・本楮紙などになります。墨の濃淡、筆の背腹、しなやかな細い線も書けるよう加工してあります。


 


練習用臨書用紙
清書に慣れるための安価な料紙。清書用と色柄をなるべく同じにして、新鳥の子、パルプ入楮紙等を利用して手ごろな価格に仕上た料紙。紙質・加工程度は清書用とは異なりますが感触は感じられると思います。


 


小島切の名は、茶人でもあった小島宗真が所有していたところから、江戸末期の頃には『小島切』と称されている。


 


 



※ 清書用  小島切  


薄茶色 10枚入り 縦9寸7分×横1尺2寸(29.4㎝×36.4㎝)  


本鳥一号 飛雲料紙 染淡紙 雲母振


藍と紫に染めた繊維を飛雲として漉き込んだ薄茶の染紙に、砂子状の雲母を紙面全体に鏤めた装飾料紙です。


尚、漉込の飛雲は非常に手間がかかる為、現在では藍と紫に染めた楮の繊維を料紙を加工する際、紙面に飛雲状に撒いて定着させたものを使用しております。


 


 


※ 練習用  小島切  


薄茶色 40枚入り 縦9寸7分×横1尺2寸(29.4㎝×36.4㎝) 


鳥の子紙で、藍と紫に染めた繊維を飛雲として漉き込んだ物ではなく、染料による筆描きを施したものです。


薄茶の染紙に砂子状の雲母を紙面全体に鏤めた装飾料紙です。一枚につき三か所の飛雲を施してあります。


 


 



 


◆清書用  小島切  1冊 14,960円


◆練習用  小島切  1冊   5,170円

トップへ戻る